大人ニキビの治し方 生え際・首筋・アゴニキビ対策・改善方法

大人ニキビの治し方 生え際・首筋・アゴニキビ対策・改善方法

大人ニキビの治し方

■大人ニキビとは

大人ニキビは皮脂の分泌が少ないUゾーン(頬から顎の顔のライン、首の周り)にできることが比較的多いです。男性の場合は髭の生える部分、いわゆる生え際にもよくできます。その他、肩や背中などにできることもあります。10代の頃の思春期ニキビがあまりできなかった人でも、20歳以上になり仕事を始めてからできることも多いです。大人ニキビの原因のほとんどは、ストレスによる男性ホルモン分泌過剰や肌のターンオーバーの乱れによるものだと言われています。大人ニキビを消すには、ストレスを減らした上で、睡眠時間をしっかりととり、ビタミン類を多く含んだ食事を摂る事も大切です。お肌に合ったスキンケアを行う事で、生え際・首筋・アゴニキビ対策ができます。

■大人ニキビ対策をした永島さん(仮名)/32歳女性の成功談

生理前になるとで出来てしまう大人ニキビですが、私の場合にはおでこの、しかも髪の生え際にも出来てしまっていました。生理前で体調も悪くなるのに、大人ニキビが出来てしまって、気分まで落ち込んでしまっていましたが、洗顔料やメイクを落とす時などのスキンケアを丁寧に意識し、メディプラスゲルを使う事で改善する事ができました。
以前は、洗顔をする時には、髪を束ねるだけでした。しかし、生え際まで洗うためにヘアバンドも使うようになり、生え際まで丁寧に洗えるようになりました。もちろん、洗顔の後のスキンケアも、顔全体に化粧品が行き渡るように意識しました。どうしても、頬や額など、面積が広く目立つ部分ばかりケアしてしまいがちですが、髪の毛で目立たない部分もケアする事により、顔全体のお肌のトーンも明るくなった気がしています。毛先が肌に触れるだけでも、刺激になるだけでなく、髪についた汚れが肌に付着してしまうので、生え際は特に丁寧にスキンケアしなければならないです。

■化粧水を変えて成功!長谷川さん(仮名)/30代前半女性の成功談

今私は30代前半で、最近ニキビが出来にくくなったと感じています。年のせいもあるのかも知れませんが、1番ニキビが出来ていたのは20代の頃で、春先や生理前によく出来ていた記憶があります。それに当時は美意識がものすごく高くて、美白とか美肌に憧れを抱いていて、それ専用の化粧品類を取っ替え引っ替え使っていました。少し使って見ては効果が出てこないと、また違う商品に手を出していました。肌の方もあまりにもたくさんの化粧品を塗られるのに驚いたのか、変える度にニキビが出来ていました。
ニキビが出来ると、今度はニキビ用の化粧品が良いと思って、さっぱりタイプの化粧水を買ってみるのですが、何かイマイチだと感じて使うのを止めてしまいました。そして30代になってから、自分には一体どのような化粧品が合うのかと真剣に悩みました。どれもこれもピンと来ないし、効果も出ないのでもう何が何だか分からなく、途方に暮れてしまいました。そんな時に、新聞の折り込み広告に入って来たチラシが、ビーグレンでした。そのうたい文句に、お手入れはたったこれだけと、化粧品セットのみの案内がありました。本当に化粧水だけで肌は大丈夫なのかと、疑心暗鬼になりましたが、気になったので購入しました。確かに洗顔の後は化粧水だけで、肌がつっぱらないし、しっとりしていました。
この化粧水を使ってからほとんどニキビが出来なくなりました。肌も20代よりきれいになったので、ビーグレンに変えて良かったと思っています。



一押し記事一覧