思春期ニキビが治らない原因とおすすめの化粧水とは

思春期ニキビが治らない原因とおすすめの化粧水とは

思春期ニキビ 治らない

■思春期ニキビとは

思春期のニキビの多くは皮脂分泌の多いTゾーン(額から鼻先)を中心にできます。その他、胸の中央など皮脂が多い箇所にできることもあります。思春期ニキビの原因は、急激な成長ホルモンの影響や女性ホルモン分泌量が増える事によるものです。皮脂が増えると皮脂が毛穴が詰まってしまい、ニキビになります。ニキビを改善するプロアクティブやオルビスなどの化粧水やニキビ対策用の薬を使っても思春期ニキビが治らないときは、間違ったスキンケアでニキビ肌になっている可能性があります。ニキビがなかなか治らないときには、食事や睡眠などの生活習慣の見直しと洗顔の方法などトータルスキンケアをセットで考えることが大切です。

■思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビは10代など若い頃にできるものだけではありません。
思春期ニキビとは違い年齢を重ねてできる大人ニキビというものもあります。
思春期ニキビの原因は活発になるホルモンの活動によって皮脂の分泌が増えることによりアクネ菌が増殖してできるものですが、大人ニキビは原因に違いがあります。
20代を過ぎて年齢を重ねた肌は肌の新陳代謝が落ちてきますので、古くなった角質がそのまま肌に残ってしまいます。
そうした角質が毛穴や皮脂腺を塞ぎ、それが原因でニキビとなってしまうのです。髪の毛による刺激や洗顔料、シェービングフォーム等もの刺激になるので、しっかり洗い流す必要があります。また寝具(枕、シーツ、布団)などの汚れ、乾燥や紫外線もニキビのできる原因となります。
ほかに大人には仕事や人間関係などのさまざまなストレスがあります。
忙しくて睡眠不足になると肌の代謝を司る成長ホルモンの分泌量が低下して、ニキビとなってしまいますし、ストレスや喫煙習慣は劇的に血管を収縮させて活性酸素を発生させてしまいます。男性ホルモンの増加も大人ニキビの原因となります。

■大人ニキビにも思春期ニキビにもOKなニキビケア/43歳女性の成功談

13歳のころから現在に至るまで、30年近くニキビに悩まされてきた私。
思春期をニキビのせいで台無しにされた私にとって、自分の娘には同じ思いをさせたくないと思っていました。
ところが、似てほしくない所ほど似てしまうようで、中学生になるとおでこや頬などに大量のニキビが出来始めたのです。
若いころのニキビは皮脂過多が原因で起こる事が多く、大人になってからのニキビはターンオーバーが正常に機能しない事や乾燥から起こるというように、同じニキビでも原因は年齢によって変わるということは実体験からよく熟知していました。
だから、当然思春期ニキビと大人ニキビのニキビケアは同じものでは効かないと思っていたのです。
娘の肌に合ったニキビケア品を探していた時に出逢ったのが、美健コーポレーションさんの「アクネル 薬用アクネクリアローション&AZセラム美容液」。
最初は私の大人ニキビケアで使っていました。
ローションは菌抗炎症作用のあるさっぱりとした化粧水。
そしてAZセラム美容液はティーツリーの香りが特徴的で、アゼライン酸という成分を含んでいます。
このアゼライン酸は、欧米ではニキビ治療薬として使用されており、抗ニキビ・抗炎症作用・美白効果があるのだそうです。
10代から40代、どんなニキビタイプの方にもOKと謳われていたので、早速親子で一緒に使ってみることにしました。
私の経験上、新しいお薬やスキンケア品を使い始めて、ニキビに対して目に見える効果が感じられるようになるには短くても3カ月はかかる事がほとんど。
とにかくニキビケアには根気が必要だと思っていました。
ところがこれを使った所、私のあごに出来ていた大きな大人ニキビも娘の頬やおでこに出来た赤ニキビも1カ月で劇的に良くなったのです。
親子で一緒に使えるニキビケア品は中々ないと思うので、お勧めしたいと思います。

■ニキビ体質の息子の食事で改善/41歳女性の成功談

高校生の息子がいます。私に似てニキビ体質です。さらにアトピーがあります。私がやってニキビが治った方法を実践させています。まずは洗いすぎない、肌を触り過ぎない、こすらない、ニキビが出来やすいとう食べ物は控えるを実践しています。それでも最近までは男子の間で流行っている洗顔フォームや化粧水を使いたがって使用していました。

最近1か月海外に滞在する機会があったのですが、洗顔フォームと化粧水を忘れてしまいました。すぐに化粧品でかぶれるので海外で買うのは怖く、朝晩、ぬるま湯だけで洗顔したそうです。そうしたらニキビがきれいになっていました。以来、洗顔は1日3回位までを目途にぬるま湯だけでしています。外食、ジャンクフード、スナック、ファストフードが続くとニキビがあっという間に増えるのも分かっているのでなるべく食べないようにしています。お腹も壊すので本人も友達と外食する時は量を控えたりメニューを選んだりしてると言っています。

肌を作ると言われるタンパク質、コラーゲン、ビタミンCはしっかり摂るようにさせています。タンパク質は脂身が少ない白い肉や魚を摂らせるようにしています。豆腐、納豆、豆類、海藻も良く食べているとニキビになりにくいようです。春夏は苺、オレンジ、グレープフルーツ、トマトを大量に食べています。ミニトマトが実家から大量に届くのできゅうりと一緒にマリネにして冷蔵庫に入れています。息子ははアイスや炭酸を飲むよりもいいと言ってよくおやつ代わりに食べています。秋冬は柿、ミカンを良く食べています。息子も私も旅行等でビタミンCが摂れない日が続くとニキビが出来るのでビタミンCはニキビに効果があると思います。



一押し記事一覧